お葬儀のQ&A

1級葬祭ディレクターがお答えします。

当社の1級葬祭ディレクターが、葬儀などについての疑問点・不明点をQ&A形式でまとめました。
この他にもご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Q1.喪主はどのようにして決めればよいですか?

喪主は原則として跡取り(遺産継承者)または、祭祀継承者がなります。
祭祀継承者とは、故人の遺骨を仏壇やお墓で管理しお祭りする人です。
墓は分割できませんので、一人に割り当てられます。古来よりこれを行って来たのは長男でした。
ただし現在では、伴侶に当る人がなる場合も増えてきているようです。

Q2.葬儀を行うにはどこに連絡をし、なにを頼むべきでしょうか?

人が亡くなられたあとにしなければならないことは、まず死亡診断書をそえて役所に死亡届をします。そこで火葬許可書を受取り、火葬場の予約をします。
(火葬は死後24時間経過したあとで行います)
そのあと、葬儀式場の手配と祭壇の設置などの準備をします。こうした作業はすべて葬祭業者で代行致します。
寺院に読経を依頼する場合には、寺院の都合を聞いて決めます。
いずれにいたしましても、どのような葬儀を行うかを専門家と打ち合わせる必要があります。

Q3.お盆中に亡くなった時は、通夜・葬儀はいつ行うのですか?

お盆であるかどうかにかかわらず、葬儀は行うことができます。
葬儀は地域によって友引に行わない(火葬場が休みという理由も含め)ということはあります。
ただ、お盆は寺院が忙しく都合がつかないということもあり、葬儀がお盆明けになることもないとはいえません。
遺体の保存については、保冷機能をもつ遺体安置施設があります。自宅で安置する場合には、棺の中にドライアイスを入れるなどして保冷しています。

Q4.「友引」には葬儀は行われないのでしょうか?

「友引」「大安」というのは六曜によるもので、室町時代に日本に伝わったものです。先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順に繰りかえすもので、日の吉凶をあらわしています。
「友引」は、この日に葬儀すると、それに友が曳かれる(一緒に誰かが死ぬ)というイメージから嫌われて、その日に葬儀をしないようになりました。ただし一部の地域では友引人形を入れて、身代わりに立てて葬儀を行います。
また浄土真宗の強いところでは、「友引」は迷信であるとして反対し、この日でも葬儀を行うところがあります。ただし、火葬場も休みが必要ですので、皆さんが嫌っているこの日をお休みにしているところが多いようです。

Q5.忌引というのは親族のどこまでが当てはまるのでしょうか?

忌服期間は、官公庁服務規定によりますと、配偶者10日、父母7日、子5日、祖父母3日、兄弟姉妹3日孫1日、伯父伯母1日、配偶者の父母3日、配偶者の祖父母1日となっており、民間会社はこれを参考にしているのではないでしょうか。

Q6.遺族に花を贈る時、リボンや花の色など気を付けることを教えてください

お悔やみの花ということですと、白を基調としたものが多いでしょう。
葬儀では刺のある花や派手な色のものは避ける傾向があります。
花店でお悔やみの花であると伝えれば、そのように用意してくれます。
ただ、故人の好みや希望の花であれば上記にあてはまらなくても、お悔やみの意味としてはよいことだと思います。

Q7.「精進揚げ」「精進落とし」はどのようなことですか?

精進の意味は、潔斎しひたすら宗教的生活の一途に生きることをいいます。
それが民間の信者にとっては、肉類を食べない意味へと転化しました。
従って忌の間や葬儀のときは精進料理をいただきますが、それがおわると終わった印として肉類を含む料理をとります。これを精進落しといいますが、地域によっては「精進あげ」とよんでいます。
葬儀用語は他にも、地域によっていろいろと違った言い方をするものがあります。

Q8.六文銭、六道銭について教えてください。

六文銭は、死者が三途の川をわたるときの渡し賃であったり、死後六道輪廻するときに、それぞれの世界に入るときに費用であるという説明がされています。
これは古代中国にもあった慣習です。江戸時代には実際に六文銭を入れたようですが、現在は模造の六文銭を使用しています。

Q9.納棺の際に入れる三角の白い布の名称を教えてください。

天冠(てんかん)といいます。中国の習慣からきています。
中国では人前に出るときは冠をつけないと失礼とされ、冠を付けると言う説があります。またこの天冠はかつて日本では子供がつけた習慣があり、死者が再びこどもに帰るという儀礼説もあります。

Q10.遠方から葬儀に参列頂いた方に、お車代は必要でしょうか?

結婚式では遠方からの招待者に交通費を渡すことはありますが、葬儀においてはそのような習慣はききません。しかし、こちらから弔辞などで特に参列をお願いした人に対して用意することは考えられるでしょう。